トップ

学校への侵入案件について

学校への侵入案件で留意しておくと良いのは、生徒による悪戯から変質者によるものまで、有り得るものとして準備を整えておく事です。相手が生徒であっても、ハッキリ安全が確認出来るまでは油断しない事です。たとえば窓ガラスが夜の間に不審者に割られたというニュースなど良く出ますが、ガラスを割る以上はその為の道具を持っているという事です。そういう場所に遭遇して顔見知りだからと声をかけて驚いた相手に道具で襲われる可能性は決して0ではないという事です。通り魔的な襲撃を目的とした侵入もそうですが、襲われる等夢にも思っていなかったら成す術が無かったという事等も人間心理としてはある事です。そういった事を前提として考えを整理しておくのが、学校でのこういった事柄への予防としては肝要になってくるという事です。

医学部合格のための予備校です。
19年の実績があり信頼できますよ。入試データや受験ノウハウが豊富です。合格者の体験記は参考になります。

学校運動

学校への侵入を防ぐために

とある事件から、学校は部外者の侵入を防ぐよう対策が強化されました。まず、一番簡単な方法として、校門を登下校以外の時には閉めて置くようになりました。これは、閉まっている扉を見ると人はそこをわざわざ開けてまで侵入しようとはしにくいという心理的障壁を利用したものです。また、学校に入ったら、必ず受付にて名簿に名前を書いて、ネームプレートを胸に下げるようになりました。これも、誰が入ったかが後々追跡できるようにするために行っているものです。どのような対策をとっても、万全ということはありませんが、万全に近づけるよう努力を重ねています。

© 学校で起こる事件とは. All rights reserved.